モリンガの驚くべき6つの可能性

モリンガの驚くべき6つの可能性

 

 

 

毎日の必要な栄養素がぎっしり入っています!

 

まだまだあります!!

 

モリンガの常識を超えた可能性!!!

モリンガの可能性@

 モリンガはまったく無駄のない植物です。枝、幹、葉、根、種、花のどれをとっても全てに健康的、環境的な利用価値があります。人や動物には栄養を与え、環境には水や空気の浄化など、次から次へと驚くべき事実が明らかになってきています。

 

モリンガの可能性A

 モリンガの栄養素は、マルチビタミン、ミネラル、アミノ酸、必須アミノ酸、ビタミンB群、GABA、ポリフェノールなどなど実に沢山の栄養素を含んでいますが、あの有名なインドの医学書アーユルヴェーダにも記されています。インドなどでは昔からモリンガを民間療法として昔から重宝していたのです。

 

モリンガの可能性B

 モリンガは3メートル弱の細めの木で、種を植えてから1年以内に立派に育ちます。気温が温かい地域であれば、どんな荒れた地でもたくましく育ち、そこから多くの栄養素をもたらしてくれます。

 

モリンガの可能性C

 モリンガの栄養効果はNGO団体にも注目。特にセネガルで行われたモリンガ栄養失調改善プロジェクトでは、モリンガのその並外れた栄養成分を利用し、飢餓や栄養失調で苦しんでいる子供達の様態を劇的に改善してきました。このようなことから、現在世界中でモリンガの栄養価値に関し注目が高まってきています。

 

モリンガの可能性D

 モリンガは熱帯地域であれば、どのような悪辣な環境でも育ちます。その理由として、バクテリアを跳ね返す強い成分が根から出ており、栄養を多く吸収しファイトケミカルを沢山含みながら成長していきます。種をまけば1年足らずで大きな木に成長し、その木は15年は持つといわれています。

 

モリンガの可能性E

 モリンガの種は汚水に入れると、その水が浄化されていきます。またその葉は他の木よりも多くCO2を吸い込むなど、モリンガは環境を守る植物としても多く注目を浴びています。世界各地でモリンガの植樹が行われているのも、とんでもない自生のスピードに合わせて、環境的効果も多く期待されています。

 

▼詳細を確認する


 
page top