モリンガの驚くべき効能とは?

モリンガとは?

 

 モリンガは全く無駄のない植物といわれ、生命力が非常に強く、成長がとても早い木として知られています。
 根・幹・葉・枝の全てをあますことなく利用できる上、さらには花や種までも利用することもできます。

 

 

海外では
・ミラクルツリー(奇跡の木)
・メディスンボックスツリー(薬箱の木)
・ツリーフォーライフ(生命の木)
・マルンガイ(母親の友)
と呼ばれています。


 

 なぜこのような名称がついているのか?
 それは今までに発見された10万種の可食植物の中でもトップクラスの栄養素、ビタミン類、抗酸化物質、たんぱく質を持っているからです。
 その栄養素は90種類以上もあるといわれ、インドの有名な医学書「アーユルベーダ」に記載があるほどです。

 

 また、国連の世界食料計画にも採択されています。
 世界保健機構(WHO)は、モリンガを「緑のミルク」として、慢性的に栄養不足に悩む発展途上国でのモリンガの植樹を推奨しています。

 

▼詳細を確認する


 

モリンガの驚くべき効能

 

栄養素密度からみるモリンガのポテンシャル

栄養素密度とはアメリカで広がっている新しい栄養指標方法です。
食品のエネルギー量あたりに栄養素量を比較します。
つまりカロリーあたりの栄養値のことで、同じカロリー中でどれだけの栄養を摂取できるかを表しています。数値の高い食品を選ぶことで、健康な体を手にいれることができる考え方で、モリンガはこの栄養素密度がダントツに高いのです。

 

生命に必要な栄養素

 

大麦若葉と比較

 

 

日本で一番売れている青汁と比較しても遜色は全くないんだ!

 

それ以上の栄養素を含んでいます。

 

その栄養素はサプリ数個分にも匹敵するんです!!!

 

▼詳細を確認する


 
page top